ふるさと納税個人

ふるさと納税の仕組みとやり方(手間なく高コスパの返礼品をGET)を5ステップで簡単解説

投稿日:

ふるさと納税がお得なのはわかるけど、

「手間がかかりそう」
「どの返礼品を選べば良いかわからない」

と思って、なかなかできずにいませんか?

「寄附金の計算」や「確定申告」など、難しそうに感じるふるさと納税ですが、実は5つのステップで簡単に寄付することができるんです。

 

この記事では、ふるさと納税の簡単5ステップを解説しながら、初めてふるさと納税をする人におすすめのサイトや、さらにお得にふるさと納税を利用する方法まで紹介していきます。

読んだ後には「自分にもできそう!」と感じてもらえると思いますので、難しそうだと感じている人はぜひ読み進めてください。

 

ふるさと納税はお取り寄せ感覚で各地の特産品をお礼としてもらえる仕組み

ふるさと納税は、自分が応援したいと思う自治体を自由に選んで寄付ができる制度です。今住んでいる場所だけでなく、自分のふるさとなどに自由に寄付できるのが嬉しいですよね。

しかし、ふるさと納税の魅力はそれだけではありません。

ふるさと納税は、お取り寄せ感覚で、手軽に各地の特産品を楽しめる仕組みになっているんです。

ふるさと納税をすると、納税先の自治体から寄付のお礼として返礼品が送られてきますが、この返礼品がとても豪華になっています。

特産の牛肉や魚介類、お米や果物など、自分ではなかなか買えないような高級品をもらうことができるんです。

 

しかも、ふるさと納税なら寄付した金額が戻ってくるなど嬉しいメリットがたくさんあります。

豪華な返礼品を受け取りながら寄附金も戻ってくるという、とてもお得な仕組みなんです。

 

自己負担2,000円以外はすべて税金から戻る(※寄付金の上限に注意)

数万円の寄付をして豪華な返礼品を受け取っても、寄付した金額のうち2,000円を超える部分は戻ってくることを知っていますか?

ふるさと納税は、一時的に数万円支払っても最終的に自己負担は2,000円ですむという、とてもお得な制度なのです。

2,000円を超えた金額は、所得税と住民税から控除される形で戻ってきます。

例えば30,000円寄付した場合、寄付した人の所得税と住民税が28,000円分安くなるのです。このように税金が安くなることを「税金が控除される」と言います。

所得税からの控除分は、ふるさと納税をした翌年の3月〜5月ごろ銀行口座に振り込まれ、住民税からの控除分は、ふるさと納税をした翌年6月から5月までに支払う住民税が安くなる形で戻ってきます。

ただし、寄付した金額はいくらでも戻ってくるわけではありません。

戻ってくる寄付金の上限額は、寄付する人の収入や家族構成によって決まっています。

この上限額を超えて寄付した金額は自己負担になるので、上限額ぎりぎりまで寄付をして返礼品を受け取るのが、一番お得な方法なのです。

 

返礼品選びは寄付金を一元管理できる「ふるさと納税の専門サイト 」で

寄付する自治体や返礼品を選ぶとき、手当たり次第自治体のホームページを調べるのは大変ですよね。

そんな時に活用して欲しいのが「ふるさと納税の専門サイト」です。

ふるさと納税の盛り上がりに合わせて、専門サイトも年々増えてきています。

「さとふる」「楽天ふるさと納税」「ふるさとチョイス」「ふるなび」などが有名です。

ふるさと納税専門サイトは、全国ほとんどの自治体が掲載されていて、寄付金額や返礼品の種類から検索できるの機能があるで、一度にいろいろな返礼品を見比べられます。

また、上限額の目安がシミュレーションできたり、上限額まであといくら寄付できるかが表示されたりするので、時期を分けて何度も寄付する人にも分かりやすいんです。

なかでも特におすすめしたい「さとふる」と「楽天ふるさと納税」についてご紹介します。

 

初めてのふるさと納税なら「さとふる」!返礼品別のレビューで失敗しない

「初めてふるさと納税に挑戦する!」という人におすすめなのが「さとふる」です。

初めての返礼品選びは、どの返礼品が良いのか、どうやって選べば良いのかが分からず迷ってしまうと思います。

そんなとき参考になるのが、ほかの人からの口コミですよね。

さとふるの返礼品ページには、実際に寄付した人からのレビューと5段階評価が掲載されていて、このレビューがとても参考になるんです。

レビューには、商品の味や量の感想をはじめ、調理方法や届くまでの期間など、実際の体験談が詳しく載っています。

初めてのふるさと納税でも、さとふるのレビューを読めば返礼品選びに失敗しません。

また、さとふるは検索機能も充実しています。

返礼品の種類や寄付する地域から検索する機能のほかに、

人気の返礼品ランキング

  • お歳暮特集
  • 日帰りおでかけ特集

など、たくさんの特集が組まれているので「何が欲しいか決まっていない」という人は特に探しやすいサイトです。

 

楽天利用者は「楽天ふるさと納税」で楽天ポイントを効率的にGET

「ネットショッピングは楽天市場を使っている」
「楽天カードを持っている」
「楽天スーパーポイントを貯めている」

といった楽天ユーザーにおすすめなのが、「楽天ふるさと納税」です。

楽天ふるさと納税は、寄付するたびに楽天スーパーポイントが貯まるので、楽天ユーザーにはとてもお得なサイトなんです。

100円につき1ポイント付与されるので、50,000円寄付すれば500ポイント貯まります。

この場合、48,000円分の税金が控除されながら500ポイントが貯まるので、二重でお得になるんです。

寄付金の支払いにポイントを使うことも可能です。

10,000円の寄付をするときに5,000ポイント使えば、支払う金額は5,000円ですみますが、税金は8,000円分控除されます。

楽天ふるさと納税でポイントをうまく使うえば、ふるさと納税をさらにお得に活用できます。

また、普段から楽天市場で買い物をしている人は楽天市場の会員情報がそのまま利用できるので、新たに個人情報を登録する手間が省けるのも嬉しいポイントです。

 

ふるさと納税のやり方(5ステップ)

難しそうなふるさと納税ですが、手続きは5ステップで非常に簡単です。

  1. 税金で戻る寄附金の上限を確認する
  2. ほしい返礼品を選ぶ
  3. 自治体に寄付する
  4. 返礼品が届く
  5. 確定申告かワンストップ特例制度を使って税金の控除を受ける

基本的な進め方はネットショッピングと同じで、欲しい商品を選び、購入し、個人情報や支払い情報を入力する、といった流れなので難しいことはありません。

ネットショッピングと違う点は、

上限額があるところ
商品がすぐに届かないところ
商品が届いた後に手続きが必要なところ

この3つです。

3つの違いを抑えながら、各ステップについて詳しく解説していきます。

 

税金で戻る寄附金の上限を確認する

返礼品を選ぶ前に、まずは寄付の上限額を確認しましょう。

上限額は、ふるさと納税専門サイトで簡単にシミュレーションすることができます。

おすすめは初心者でも使いやすい「さとふるの控除シミュレーション」です。

シミュレーションのページを開き、

年収
独身か既婚か
既婚なら共働きかどうか
扶養家族(子どもや高齢者)がいるか

などを入力すると、上限額の目安が算出されます。

上限額の計算には、ひとつ注意点があります。

生命保険料控除や医療費控除などの所得控除を受ける人は、所得控除後の年収で上限額を計算する必要があるんです。

例えば、年収500万円で独身の人の上限額は61,000円が目安ですが、生命保険料控除や医療費控除などで25万円の所得控除を受けた場合、上限額の計算には年収475万円を使います。

すると、正しい上限額の目安は56,000円になり、さきほどより5,000円安くなりました。

年収や所得控除額は年末にならないと確定しないので、シミュレーションで算出した目安の上限額を元に余裕を残して寄付しておき、年末に上限額が確定したら残額分を寄付すると、無駄なく上限額を使い切ることができます。

30,288view
シミュレーションのやり方。源泉徴収票でふるさと納税の限度額を知る方法

給与所得の源泉徴収票で限度額のシミュレーションをしてみましょう。 ふるさと納税のシミュレーションは沢山のサイトでできます。詳しくシミュレーションをしたい人はそちらのサイトをご利用して下さい。でも、「こ ...

続きを見る

 

ほしい返礼品を選ぶ(※寄附金の上限以下)

控除の上限額を計算したら、いよいよ返礼品を探していきましょう。
返礼品を選ぶ時のポイントをご説明します。

返礼品を選ぶときのポイント4つ

  1. 上限額の中で探すこと
    上限額の中なら、返礼品は何個選んでもOKです
  2. 人気の商品はすぐ定員に達するので注意!
    ほしい返礼品は、募集開始時期をチェックしておきましょう
  3. 果物など痛みやすいものは一度に大量に頼まない
    寄付金額が増えると返礼品の量も増えていきます。寄付するペースに注意しましょう
  4. 6自治体以上に寄付すると確定申告が必要に!
    6自治体以上に寄付すると、ワンストップ特例制度は使えません

 

返礼品を探すときは、ふるさと納税専門サイトの「返礼品の種類から探す」、「寄付金額から探す」機能を活用しましょう。

ふるさと納税では寄付金の使い道を「子育て支援」「医療の充実」など指定できることが多く、「寄付金の使い道から探す」という探し方もあります。

11,848view
1位は北海道!市町村では10位!ふるさと納税ランキングで人気の自治体はどこ

ふるさと納税をする人が年々増加しています。 全国的にふるさと納税の受入額、受入件数が増加しており、前年の倍以上となっている自治体も少なくありません。どの都道府県、市町村が人気なのでしょう。 総務省のデ ...

続きを見る

 

自治体に寄付する

ほしい返礼品が決まったら、自治体に寄付していきます。

「寄付を申し込む」というボタンをクリックして、氏名、住所、支払い方法などを入力していきましょう。

支払い方法は、コンビニ支払いやペイジー決済なども選べますが、クレジットカード決済が断然おすすめです。

ふるさと納税の寄付にクレジットカードを使うと、通常の買い物と同じようにクレジットカードのポイントが貯まるんです。

例えば

3,000円相当の返礼品を受け取るために10,000円寄付したとします。

ポイント付与率が1%の場合、普通に3,000円の商品を買うと30ポイントしか貯まりませんが、ふるさと納税で10,000円寄付したら100ポイントを貯めることができます。

さらに、8,000円分は税金から控除されるので、100ポイントを貯めながら実質2,000円で商品が手に入ることになりますね。

このように、ふるさと納税をさらにお得にするためには、クレジットカード払いが必須なんです。

 

返礼品が届く

寄付が終わったら、あとは返礼品の到着を待つだけです。

この時注意したいのが、ふるさと納税は通販サイトと違って、寄付しても商品がすぐに届かないという点です。

配達日や時間の指定もできません。

発送される時期は商品によって違いますが、寄付してから最短でも2週間程度はかかります。

果物や魚介類など収穫時期が決まっているものは、寄付してから収穫時期まで半年ほど待つこともあります。

年末は寄付が集中するため、さらに待ち時間が長くなることも覚悟しておきましょう。

発送時期の目安は、ふるさと納税専門サイトの返礼品ページに書かれているので、事前に確認しておきましょう。

ココに注意

返礼品の中には、お肉やカニなど冷凍された食品が多くなっていますが、沖縄などの離島だとクール便が利用できず、代替商品が届くことがあります。

自分が住んでいる地域がクール便に対応しているかも、事前に確認しておきましょう。

 

確定申告かワンストップ特例制度を使って税金の控除を受ける

寄付をすると自動的に税金が控除されるわけではありません。税金の控除を受けるためには申請が必要です。

返礼品が届いて満足していると損をするだけになるので、この記事を読んで最後までしっかり手続きを終えてください。

手続きの方法には、確定申告とワンストップ特例制度の2種類があります。

 

確定申告

ふるさと納税をした翌年の2月16日〜3月15日までに、住んでいる自治体の税務署に届ける必要があります。

窓口への提出でも郵送でも大丈夫です。

必要な書類

  • 確定申告書(国税庁のHPからダウンロード可能)
  • 寄付金受領証明書(寄付先自治体からもらった原本)
  • 源泉徴収票(勤務先からもらう原本)
  • マイナンバーが確認できるもの(マイナンバーカードがない人は、マイナンバー通知カードと免許証などの身分証明証を両方用意)

 

ワンストップ特例制度

ワンストップ特例制度で申請すれば、確定申告をする必要がありません。

制度を使える人 ※両方に当てはまる人が対象

  • もともと確定申告が不要なサラリーマンや公務員などの人
  • 一年間の寄付先が5自治体以下の人

 

ワンストップ特例制度なら、寄付した自治体から送られてくる「寄付金税額控除に係る申告特例申請書」に記入して自治体に返送するだけで申請が終わります。

提出期限はふるさと納税をした翌年の1月10日まで。

もし提出を忘れてしまったら、3月15日まで受け付けている確定申告に切り替えれば大丈夫です。

最後まで落ち着いて手続きしましょう!

 

まとめ

ここまで、ふるさと納税の仕組みや寄付の5ステップ、おすすめサイトなどについて紹介してきました。

もう一度まとめると、

ふるさと納税はお取り寄せ感覚で各地の特産品を楽しめる
自己負担額の2,000円を超えた部分は税金から控除され戻ってくる
はじめての寄付なら、レビューが充実した「さとふる」がおすすめ
楽天ユーザーは「楽天ふるさと納税」を使えば楽天スーパーポイントが貯まる
寄付の手順は簡単5ステップ

  1. 上限額の確認
  2. 返礼品を探す
  3. 寄付する
  4. 返礼品が届く
  5. 確定申告かワンストップ特例制度で税金を控除

 

「ふるさと納税って手続きが難しそう」
「どうやって返礼品を選べば良いのかわからない」

と思って今まで寄付できなかった人はこの記事を参考に、意外と簡単なふるさと納税を、今年はぜひ楽しんでください。

人気のふるさと納税

さとふる

おすすめポイント

  • 肉、米、魚等の特産品が貰える
  • 税金の使い道を指定できる制度
  • ふるさと納税の寄付金が所得控除に
  • ワンストップ特例制度で確定申告が不要
  • 応援したい自治体に寄付できる

人気な特産品はすぐに売り切れになるため、狙っている特産品はこまめにチェックしましょう。
なおさとふるはYahoo!JAPAN IDでログインができるため会員登録不要で簡単ですよ。

-ふるさと納税個人

Copyright© スマート家事術。 , 2018 All Rights Reserved.