iDeCo(イデコ)

老後のためにイデコは必要なのか?加入した・加入していない場合の差額

投稿日:

「退職後に2,000万円以上必要」「老後に向けて資産運用をしたい」「副業をしたい」等という事をネットで検索すると、最近よくNISA、積立NISA、イデコというワードを耳にしませんか?

ニュースやCMでも耳にしますが、「あまり聞きなれないためよくわからない」と思ってそのままにしても大丈夫ですか?

平均年収が徐々に増えても手取りはあまりかわっていません。

88view
平均年収を見える化。副業を解禁するほど将来は不安なのか

ロート製薬、サイボウズ等、社員の副業を解禁する大手企業が増えています。中でもエンファクトリーは「副業禁止」とは逆に「専業 ...

続きを見る

話題になるワードは話題となる理由があるからです。今回はイデコに着目をして考えてみます。

個人型確定拠出年金の愛称はiDeCo(イデコ)

イデコ(iDeCo)は個人型確定拠出年金の愛称です。individual-type Defined Contribution pension planの単語の一部からiDeCoは構成され、親しみやすい響きでイデコと呼ばれています。

個人型確定拠出年金は、自分で積み立てたお金を投資信託、保険等を利用して運用し老後の備えをする公的制度です。国民年金や厚生年金等の公的年金で不足する分を補う役割があります。

Sponsored Link

公的年金だけでは老後が毎月赤字

しおり
厚生年金等があるけど、それだけでは生活できないの?

生活できなくはないかもしれないけど、ある程度の貯金がないと生活が厳しいと思うよ。
あや

しおり
定年後も働き続けないといけないの?ちょっと詳しく教えて。

年金支給額は年々減少傾向です。少子高齢化のため、現在の年金支給額が将来増える事は考えにくいです。「長生きリスク」という言葉を聞いた事はありませんか?「長生きリスク」は長寿化が進展し定年退職後の生活が長くなり、老後に備えた貯えを使い果たしてしまう事です。

しおり
長生きする事がリスクって考えたくないね。

老後の事はあまり現実味がないかもしれませんが、老後破綻をするリスクが高まっているのは事実です。総務省のデータに興味深いものがあるのでみてみます。

出典:「家計調査結果」(総務省統計局)

2016年(平成28年)の高齢夫婦無職世帯の家計収支を表したものですが、このデータをみると毎月54,711円が不足しているのがわかります。毎月54,711円を年間にすると656,632円、退職後に20年間と考えると13,132,640円が必要となります。

これは若干のパート勤務を含めた金額なので、一切働かないと想定すると毎月の赤字はさらに広がります。上記データのその他の収入がないと想定した場合、毎月の不足は74,495円、年間893,940円、20年間にすると17,878,800円と約1,800万円が必要になります。

平均寿命は年々増え、年金支給額は年々減少している事を考えると約2,000万円は必要になりそうです。

消費税が10%になるとさらに負担が増える

2019年10月から消費税が現行の8%から10%に変更になる事が予定されています。そうなると消費税が増税になった分さらに負担が増える事になります。

せっかくなので、先程の総務省のデータを基に考えてみます。消費支出237,691円の中で消費税が課税対象になっていると考えられるのが全体の87.5%です。

237,691×87.5%=207,980(消費税の課税対象分)

207,980×8÷108=15,406(消費税8%)

207,980-15,406=192,574(税抜き)

192,574×10%=19,257(消費税10%)

19,257-15,406=3,851(消費税増税分)

計算をしてみると消費税が8%から10%になると毎月3,851円に負担が増えます。年間46,212円、20年では924,240円です。

しおり
消費税が10%になる事を考えたら老後は2,000万円の貯金がないと老後破産するかもしれないね。

そうなの。だから公的年金だけでは不足する分を個人型拠出年金で少しでも補えると安心できるよ。
あや

しおり
ちょっと待って。そうだ退職金があった。

約4分の1の企業には退職金制度がない

退職金制度は全ての会社にあるわけではありません。さらに退職金を貰えても金額が年々減少している事は知っていますか?

企業規模 退職金制度がある企業割合
1,000人以上 93.6%
300~999人 89.4%
100~299人 82.0%
30~99人 72.0%
全体 75.5%

参考:「就労条件総合調査(平成25年)」(厚生労働省)

調査対象となり、回答があった企業が基となったデータでしょうが、約4人に1人が退職金はゼロという事になります。平成25年から現在を考えた時に景気が急激に良くなっているとは考えにくいので、あまり変化はないでしょう。

企業規模が29人以下の中小零細企業まで含めると退職金を貰える人はさらに少なくなるはずです。

(単位:万円)

大学卒(管理・事務・技術職) 高校卒(管理・事務・技術職) 高校卒(現業職)
勤続年数・年 平成20年 平成23年 平成20 平成23年 平成20年 平成23年
2,280 1,941 1,970 1,673 1,493 1,128
20~24年 1,041 826 672 505 567 433
25~29年 1,458 1,083 893 692 716 603
30~34年 2,014 1,856 1,498 938 1,201 856
35年以上 2,491 2,156 2,238 1,965 2,021 1,484

出典:「就労条件総合調査(平成25年)」(厚生労働省)

次は、勤続20年以上で45歳以上の定年退職者の退職給付額を学歴別にしたものです。

しおり
退職金も減っているのね。

そうなの。2,000万円と考えると今だと大卒でも厳しいかもしれないね。
あや

退職金を住宅ローンの返済に充てる予定の人もいるので、退職金をアテにして老後の生活費と考えるのは得策ではありません。

20代から徐々に積立を始めよう

老後のためには20代から準備をした方がいいです。定年が近づくにつれて老後に必要な資金を貯めるのが難しくなります。仮に、老後のために2,000万円貯金しようとしたら、毎月いくら貯金すればいいでしょうか。60歳まで働き年金を受給した場合で計算してみます。

貯金を始めた年齢 月額 年間
20歳 41,666円 500,000円
25歳 47,619円 571,428円
30歳 55,555円 666,666円
35歳 66,666円 800,000円
40歳 83,333円 1,000,000円
45歳 111,111円 1,333,333円
50歳 166,666円 2,000,000円
55歳 333,333円 5,000,000円

計算してみると2,000万円準備するためには、毎月かなりの金額貯金をしないといけないのがわかります。将来のために必要な事はわかっても実際に貯金ができないのが現実です。

老後のために2,000万円の資金をどうやって作る?
ヒロ

しおり
手元にあると使ってしまいそうだから、手堅く定期かな。

あや
定期もいいけど、保険でもいいかもね。

それだと2,000万円ほとんどを現金で準備する事になるから、イデコを利用してみようよ。
ヒロ

Sponsored Link

個人型確定拠出年金のイデコ(iDeCo)の掛金は全額所得控除

イデコの最大の魅力はなんといっても掛金が所得控除になる事です。しかも掛金が全額控除されます。生命保険料は「生命保険料」「介護医療保険料」「個人年金保険料」の控除額を合計しても最大12万円、住民税では最大7万円の控除です。生命保険を12万円支払っていても12万円の控除はできません。その分保障があります。

あや
イデコの掛金って上限はあるの?

イデコには上限があります。個人型確定拠出年金は今まで公務員等は加入できませんでしたが、2017年(平成29年)1月から加入できるようになりました。社会人であれば原則は入れますし、主婦の人も加入ができます。

しおり
主婦でも加入ができるって事は年金が貰えるの?嬉しいね。

職  業 掛金上限(月額) 掛金上限(年額)
自営業者 68,000円 816,000円
公務員 12,000円 144,000円
専業主婦(夫) 23,000円 276,000円
会社員(企業年金がない) 23,000円 276,000円
会社員(企業型確定拠出年金に加入している) 20,000円 240,000円
会社員(確定給付型企業年金のみに加入している、確定給付型企業年金と企業型確定拠出年金に加入している場合) 12,000円 144,000円

職業別にみたイデコの上限額は以上です。自分がどれに該当するかを確認して上限額を知っておきましょう。

60歳以上になるとイデコに加入できないので注意が必要です。

イデコを利用した場合の税金の影響

イデコの掛金は全額所得控除になるので、実際に加入している場合税金にいくら影響があるか計算してみます。

前提条件

・所得控除によって税率に変動がない

・住民税は10%

・復興特別所得税は含まない

・100円未満端数切捨て

税率 年間掛金144,000円 年間掛金276,000円 年間掛金816,000円
5% 21,600円 41,400円 122,400円
10% 28,800円 55,200円 163,200円
20% 43,200円 82,800円 244,800円
23% 47,500円 91,000円 269,200円
33% 61,900円 118,600円 350,800円
40% 72,000円 138,000円 408,000円
45% 79,200円 151,800円 448,800円

しおり
こんなに税金に影響があるなんて嬉しいね。

あや
年金を自分で準備ができてさらに毎年の税金が安くなるなんて。

これを基に2,000万円を計算してみようか。
ヒロ

所得税率の目安となる年収

しおり
ちょっとまって、その前に自分の所得税率ってわからないよ。

税率は所得の金額で決定されるから...。
ヒロ

あや
目安となる金額を教えてよ。

所得税の税率は所得によって違ってくるので、年収がいくらであれば税率は何パーセントとは言えません。扶養の人数によっても違うので、目安となる年収を計算してみました。

前提条件

・給料以外の収入なし

・扶養控除以外は社会保険料控除のみ

所得税の以下のようになっているので、逆算して年収を計算します。

税率 独身又は共働き 扶養1人 扶養2人
5% ~440万円 ~500万円 ~540万円
10% ~640万円 ~700万円 ~740万円
20% ~1,080万円 ~1,120万円 ~1,160万円
23% ~1,300万円 ~1,340万円 ~1,380万円
33% ~2,230万円 ~2,270万円 ~2,310万円
40% ~4,430万円 ~4,470万円 ~4,510万円
45% 4,431万円~ 4,471万円 4,510万円

配偶者控除、配偶者特別控除は考慮していません。

1,132view
配偶者控除、配偶者特別控除の改正!年収制限が150万円に拡大された影響

以前に比べ働き方がかわり、共働き世帯が増加しています。共働きをされている人の中には、扶養の範囲内で働こうとしている人たち ...

続きを見る

自分の年収と税率を確認しながら、年代別・掛金別にイデコを加入した場合、2,000万円まで貯めるのにどれだけ影響があるかみてみましょう。

イデコは運用によって運用損益がでますが、今回は運用損益を考慮せずに、元本100%として計算しています。一度右下のボタンよりページのトップに戻って、目次から年代を選択して頂くとみやすくなります。

20歳でイデコに加入した場合

年間掛金144,000円

税率 イデコの掛金総額 控除される税金総額 イデコ以外の必要資金 年間資金 イデコ利用無との差額
5% 5,760,000円 △864,000円 13,376,000円 478,400円 △21,600円
10% △1,152,000円 13,088,000円 471,200円 △28,800円
20% △1,728,000円 12,512,000円 456,800円 △43,200円
23% △1,900,000円 12,340,000円 452,500円 △47,500円
33% △2,476,000円 11,764,000円 438,100円 △61,900円
40% △2,880,000円 11,360,000円 428,000円 △72,000円
45% △3,168,000円 11,072,000円 420,800円 △79,200円

年間掛金276,000円

税率 イデコの掛金総額 控除される税金総額 イデコ以外の必要資金 年間資金 イデコ利用無との差額
5% 11,040,000円 △1,656,000円 7,304,000円 458,600円 △41,400円
10% △2,208,000円 6,752,000円 444,800円 △55,200円
20% △3,312,000円 5,648,000円 417,200円 △82,800円
23% △3,640,000円 5,320,000円 409,000円 △91,000円
33% △4,744,000円 4,216,000円 381,400円 △118,600円
40% △5,520,000円 3,440,000円 362,000円 △138,000円
45% △6,072,000円 2,888,000円 348,200円 △151,800円

年間掛金816,000円

税率 イデコの掛金総額 控除される税金総額 イデコ以外の必要資金 年間資金 イデコ利用無との差額
5% 32,640,000円 △4,896,000円 0円 816,000円 0円
10% △6,528,000円
20% △9,792,000円
23% △10,768,000円
33% △14,032,000円
40% △16,320,000円
45% △17,952,000円

25歳でイデコに加入した場合

年間掛金144,000円

税率 イデコの掛金総額 控除される税金総額 イデコ以外の必要資金 年間資金 イデコ利用無との差額
5% 5,040,000円 △756,000円 14,204,000円 549,828円 △21,600円
10% △1,008,000円 13,952,000円 542,628円 △28,800円
20% △1,512,000円 13,448,000円 528,228円 △43,200円
23% △1,662,500円 13,297,500円 523,928円 △47,500円
33% △2,166,500円 12,793,500円 509,528円 △61,900円
40% △2,520,000円 12,440,000円 499,428円 △72,000円
45% △2,772,000円 12,188,000円 492,228円 △79,200円

年間掛金276,000円

税率 イデコの掛金総額 控除される税金総額 イデコ以外の必要資金 年間資金 イデコ利用無との差額
5% 9,660,000円 △1,449,000円 8,891,000円 530,028円 △41,400円
10% △1,932,000円 8,408,000円 516,228円 △55,200円
20% △2,898,000円 7,442,000円 488,628円 △82,800円
23% △3,185,000円 7,155,000円 480,428円 △91,000円
33% △4,151,000円 6,189,000円 452,828円 △118,600円
40% △4,830,000円 5,510,000円 433,428円 △138,000円
45% △5,313,000円 5,027,000円 419,628円 △151,800円

年間掛金816,000円

税率 イデコの掛金総額 控除される税金総額 イデコ以外の必要資金 年間資金 イデコ利用無との差額
5% 28,560,000円 △4,284,000円 0円 816,000円 0円
10% △5,712,000円
20% △8,568,000円
23% △9,422,000円
33% △12,278,000円
40% △14,280,000円
45% △15,708,000円

30歳でイデコに加入した場合

年間掛金144,000円

税率 イデコの掛金総額 控除される税金総額 イデコ以外の必要資金 年間資金 イデコ利用無との差額
5% 4,320,000円 △648,000円 15,032,000円 645,066円 △21,600円
10% △864,000円 14,816,000円 637,866円 △28,800円
20% △1,296,000円 14,384,000円 623,466円 △43,200円
23% △1,425,000円 14,255,000円 619,166円 △47,500円
33% △1,857,000円 13,823,000円 604,766円 △61,900円
40% △2,160,000円 13,520,000円 594,666円 △72,000円
45% △2,376,000円 13,304,000円 587,466円 △79,200円

年間掛金276,000円

税率 イデコの掛金総額 控除される税金総額 イデコ以外の必要資金 年間資金 イデコ利用無との差額
5% 8,280,000円 △1,242,000円 10,478,000円 625,266円 △41,400円
10% △1,656,000円 10,064,000円 611,466円 △55,200円
20% △2,484,000円 9,236,000円 583,866円 △82,800円
23% △2,730,000円 8,990,000円 575,666円 △91,000円
33% △3,558,000円 8,162,000円 548,066円 △118,600円
40% △4,140,000円 7,580,000円 528,666円 △138,000円
45% △4,554,000円 7,166,000円 514,866円 △151,800円

年間掛金816,000円

税率 イデコの掛金総額 控除される税金総額 イデコ以外の必要資金 年間資金 イデコ利用無との差額
5% 24,480,000円 △3,672,000円 0円 816,000円 0円
10% △4,896,000円
20% △7,344,000円
23% △8,076,000円
22% △10,524,000円
40% △12,240,000円
45% △13,464,000円

35歳でイデコに加入した場合

年間掛金144,000円

税率 イデコの掛金総額 控除される税金総額 イデコ以外の必要資金 年間資金 イデコ利用無との差額
5% 3,600,000円 △540,000円 15,860,000円 778,400円 △21,600円
10% △720,000円 15,680,000円 771,200円 △28,800円
20% △1,080,000円 15,320,000円 756,800円 △43,200円
23% △1,187,500円 15,212,500円 752,500円 △47,500円
33% △1,547,500円 14,852,500円 738,100円 △61,900円
40% △1,800,000円 14,600,000円 728,000円 △72,000円
45% △1,980,000円 14,420,000円 720,800円 △79,200円

年間掛金276,000円

税率 イデコの掛金総額 控除される税金総額 イデコ以外の必要資金 年間資金 イデコ利用無との差額
5% 6,900,000円 △1,035,000円 12,065,000円 758,600円 △41,400円
10% △1,380,000円 11,720,000円 744,800円 △55,200円
20% △2,070,000円 11,030,000円 717,200円 △82,800円
23% △2,275,000円 10,825,000円 709,000円 △91,000円
33% △2,965,000円 10,135,000円 681,400円 △118,600円
40% △3,450,000円 9,650,000円 662,000円 △138,000円
45% △3,795,000円 9,305,000円 648,200円 △151,800円

年間掛金816,000円

税率 イデコの掛金総額 控除される税金総額 イデコ以外の必要資金 年間資金 イデコ利用無との差額
5% 20,400,000円 △3,060,000円 0円 816,000円 0円
10% △4,080,000円
20% △6,120,000円
23% △6,730,000円
33% △8,770,000円
40% △10,200,000円
45% △11,220,000円

40歳でイデコに加入した場合

年間掛金144,000円

税率 イデコの掛金総額 控除される税金総額 イデコ以外の必要資金 年間資金 イデコ利用無との差額
5% 2,880,000円 △432,000円 16,688,000円 978,400円 △21,600円
10% △576,000円 16,544,000円 971,200円 △28,800円
20% △864,000円 16,256,000円 956,800円 △43,200円
23% △950,000円 16,170,000円 952,500円 △47,500円
33% △1,238,000円 15,822,000円 938,100円 △61,900円
40% △1,440,000円 15,680,000円 928,000円 △72,000円
45% △1,584,000円 15,536,000円 920,800円 △79,200円

年間掛金276,000円

税率 イデコの掛金総額 控除される税金総額 イデコ以外の必要資金 年間資金 イデコ利用無との差額
5% 5,520,000円 △828,000円 13,652,000円 958,600円 △41,400円
10% △1,104,000円 13,376,000円 944,800円 △55,200円
20% △1,656,000円 12,824,000円 917,200円 △82,800円
23% △1,820,000円 12,660,000円 909,000円 △91,000円
33% △2,372,000円 12,108,000円 881,400円 △118,600円
40% △2,760,000円 11,720,000円 862,000円 △138,000円
45% △3,036,000円 11,444,000円 848,200円 △151,800円

年間掛金816,000円

税率 イデコの掛金総額 控除される税金総額 イデコ以外の必要資金 年間資金 イデコ利用無との差額
5% 16,320,000円 △2,448,000円 1,232,000円 877,600円 △122,400円
10% △3,264,000円 416,000円 836,800円 △163,200円
20% △4,896,000円 0円 816,000円 0円
23% △5,384,000円
33% △7,046,000円
40% △8,160,000円
45% △8,976,000円

45歳でイデコに加入した場合

年間掛金144,000円

税率 イデコの掛金総額 控除される税金総額 イデコ以外の必要資金 年間資金 イデコ利用無との差額
5% 2,160,000円 △324,000円 17,516,000円 1,311,733円 △21,600円
10% △432,000円 17,408,000円 1,304,533円 △28,800円
20% △648,000円 17,192,000円 1,290,133円 △43,200円
23% △712,500円 17,127,500円 1,285,833円 △47,500円
33% △928,500円 16,911,500円 1,271,433円 △61,900円
40% △1,080,000円 16,760,000円 1,261,333円 △72,000円
45% △1,188,000円 16,652,000円 1,254,133円 △79,200円

年間掛金276,000円

税率 イデコの掛金総額 控除される税金総額 イデコ以外の必要資金 年間資金 イデコ利用無との差額
5% 4,140,000円 △621,000円 15,239,000円 1,291,933円 △41,400円
10% △828,000円 15,032,000円 1,278,133円 △55,200円
20% △1,242,000円 14,618,000円 1,250,533円 △82,800円
23% △1,365,000円 14,495,000円 1,242,333円 △91,000円
33% △1,779,000円 14,081,000円 1,214,733円 △118,600円
40% △2,070,000円 13,790,000円 1,195,333円 △138,000円
45% △2,277,000円 13,583,000円 1,181,533円 △151,800円

年間掛金816,000円

税率 イデコの掛金総額 控除される税金総額 イデコ以外の必要資金 年間資金 イデコ利用無との差額
5% 12,240,000円 △1,836,000円 5,924,000円 1,210,933円 △122,400円
10% △2,448,000円 5,312,000円 1,170,133円 △163,200円
20% △3,672,000円 4,088,000円 1,088,533円 △244,800円
23% △4,038,000円 3,722,000円 1,064,133円 △269,200円
33% △5,262,000円 2,498,000円 982,533円 △350,800円
40% △6,120,000円 1,640,000円 925,333円 △408,000円
45% △6,732,000円 1,028,000円 884,533円 △448,800円

50歳でイデコに加入した場合

年間掛金144,000円

税率 イデコの掛金総額 控除される税金総額 イデコ以外の必要資金 年間資金 イデコ利用無との差額
5% 1,440,000円 △216,000円 18,344,000円 1,978,400円 △21,600円
10% △288,000円 18,272,000円 1,971,200円 △28,800円
20% △432,000円 18,128,000円 1,956,800円 △43,200円
23% △475,000円 18,085,000円 1,952,500円 △47,500円
33% △619,000円 17,941,000円 1,938,100円 △61,900円
40% △720,000円 17,840,000円 1,928,000円 △72,000円
45% △792,000円 17,768,000円 1,920,800円 △79,200円

年間掛金276,000円

税率 イデコの掛金総額 控除される税金総額 イデコ以外の必要資金 年間資金 イデコ利用無との差額
5% 2,760,000円 △414,000円 16,826,000円 1,958,600円 △41,400円
10% △552,000円 16,688,000円 1,944,800円 △55,200円
20% △828,000円 16,412,000円 1,917,200円 △82,800円
23% △910,000円 16,330,000円 1,909,000円 △91,000円
33% △1,186,000円 16,054,000円 1,881,400円 △118,600円
40% △1,380,000円 15,860,000円 1,862,000円 △138,000円
45% △1,518,000円 15,722,000円 1,848,200円 △151,800円

年間掛金816,000円

税率 イデコの掛金総額 控除される税金総額 イデコ以外の必要資金 年間資金 イデコ利用無との差額
5% 8,160,000円 △1,224,000円 10,616,000円 1,877,600円 △122,400円
10% △1,632,000円 10,208,000円 1,836,800円 △163,200円
20% △2,448,000円 9,392,000円 1,755,200円 △244,800円
23% △2,692,000円 9,148,000円 1,730,800円 △269,200円
33% △3,508,000円 8,332,000円 1,649,200円 △350,800円
40% △4,080,000円 7,760,000円 1,592,000円 △408,000円
45% △4,488,000円 7,352,000円 1,551,200円 △448,800円

イデコの押さえておきたいポイント

あや
55歳で加入した場合はどうなるの?

55歳で加入した場合はあえて計算しなかったんだ。イデコの注意点と一緒に確認しよう。
ヒロ

イデコを加入する上で押さえておきたいポイントがあります。

毎月の掛金は5,000円から

60歳まで受け取る事ができない

加入期間が10年以上必要

元本を下回る事がある

1.毎月の掛金は5,000円から

イデコは何も上限額を掛ける必要はありません。生活の中で無理の生じない金額でコツコツと積み立てる事ができます。年に1回掛金を変更する事ができるため、最初は5,000円から始めて余裕がでてきてから掛金額を増加する事もできます。

2.60歳まで受け取る事ができない

イデコは60歳まで引き出す事ができません。いつでも引き出せると思って、無理をした金額で積み立てると苦しくなります。無理のない範囲にしましょう。また、引き出す事ができないため貯金が苦手な人には半ば強制的に貯める事ができるためオススメです。

3.加入期間が10年以上必要

イデコは60歳以上になると加入できませんが、10年以上の加入期間がないと60歳から受け取る事ができません。50歳以上で加入する時は加入期間に注意が必要です。

4.元本を下回る事がある

イデコは掛金が所得控除になるだけでなく、運用益の税金も非課税となっています。イデコは自分で投資信託等の金融商品を選んで運用します。選んだ商品によっては元本を下回る事があります。商品選びが重要になってきます。この辺の話はまたの機会にします。

まとめ

今回はイデコに加入した場合の所得控除に重点をおいてみました。イデコによって控除される税金は1年間でみるとそんなに多くは感じないかもしれませんが、60歳までとなるとそうではありません。累計すると何十万、何百万と高額になります。

老後の備えは自分で確保する必要があります。イデコは最低5,000円から始める事ができます。1月5,000円を1日にするとペットボトル1本分です。ジュース等を少し我慢するだけで、老後の対策ができます。

「毎日のジュース」「老後の対策」これから自分、家族の将来のを事を考えるとどっちが大事でしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でSINESSをフォローしよう!

アドセンス

Sponsored Link

アドセンス

Sponsored Link
  • この記事を書いた人
hide

hide

税理士を目指して勉強中の30代、2児のパパ。子供の寝顔に癒される。 サイト名が「スマート家事術。」なのに、税金のコンテンツが一番多い事に違和感を覚えつつも更新を続ける。 【取得資格】税理士試験簿記論、貸金業取扱主任者、BATIC(Accoutant Level)等

人気記事

1

ふるさと納税って何?特産品が貰えてお得なんでしょ。 こんな会話が行われそうですが、ふるさと納税って実は平成20年から始ま ...

2

以前に比べ働き方がかわり、共働き世帯が増加しています。共働きをされている人の中には、扶養の範囲内で働こうとしている人たち ...

3

ふるさと納税をする人が年々増加しています。 全国的にふるさと納税の受入額、受入件数が増加しており、前年の倍以上となってい ...

4

ふるさと納税をする時に重要となってくるのが、ふるさと納税の限度額です。 ふるさと納税の限度額は重要ですが、自分で計算しよ ...

5

給与所得の源泉徴収票で限度額のシミュレーションをしてみましょう。 ふるさと納税のシミュレーションは沢山のサイトでできます ...

6

政府が「働き方改革」として正社員の副業や兼業を後押しする動きがでており、共働き夫婦が、1000万世帯を超えさらに増加して ...

7

首都直下地震や南海トラフ地震が起きる可能性が高くなっていると言われている中で、すぐにでもしておきたいのが、防災グッズの準 ...

8

ふるさと納税は寄付をしただけで税金の控除や還付が自動的に行われるわけではありません。 しかし、ふるさと納税をしても確定申 ...

9

ロート製薬、サイボウズ等、社員の副業を解禁する大手企業が増えています。中でもエンファクトリーは「副業禁止」とは逆に「専業 ...

10

「セルフメディケーション」という言葉を聞いたことがありますか?税制改正により、平成29年1月からスタートした医療費控除の ...

-iDeCo(イデコ)
-, , ,

Copyright© スマート家事術。 , 2018 All Rights Reserved.