ふるさと納税個人

ふるさと納税の期限は12月31日!早めの寄附手続きがオススメな5つの理由

投稿日:

返礼品がもらえて税金が安くなる、お得なふるさと納税。今年の寄附は忘れていませんか?

「年末までに寄附すればいいんでしょ?」
「まだ間に合うから大丈夫」

と思っている方は要注意!

ふるさと納税は、なるべく早く寄附した方が良いのです。

寄附が遅くなればなるほど、

「返礼品が品切れだった」
「税金控除の申請が間に合わない」
「一気に寄附したら返礼品の置き場所がない」

などのトラブルが起きやすくなります。

年末は仕事も家庭も忙しいもの。

忙しい年末にバタバタとふるさと納税をするのも大変ですし、ミスの元です。

今年もふるさと納税をしようと思っている人は、先延ばしせずに今すぐ返礼品選びを始めましょう。

この記事では、早めにふるさと納税をするメリットについて説明していきます。

 

11月12月に寄附が急増するた年末に近づくほど返礼品が品薄になる

ふるさと納税を使って欲しい返礼品を確実に手に入れたいなら、11月12月の寄附はなるべく避けましょう。

この時期になると、返礼品の品切れが続出して、好きな返礼品を選べないことがあるんです。

ふるさと納税で寄附した金額の合計は1月1日〜12月31日までの期間で計算されます。

そのため年末になると、

  • ふるさと納税をやろうやろうと思って忘れていた人が一斉に寄附する
  • 年末に所得が確定してから、上限額いっぱいまで寄附する

といった、駆け込み寄附が増えてきます。

クリスマスやお歳暮、おせちなど、年末年始に向けた返礼品を頼む人もいるので、11月12月は一年間の中で最も寄附が集中する、ふるさと納税の激戦期間になるのです。

すると人気の返礼品からどんどん品切れになってしまい、欲しかった返礼品が選べないことがあります。

例えばお米やブランド肉は特に人気で、毎年品切れになってしまいます。

ふるさと納税で寄附した金額に対する返礼品の価格の割合を「還元率」と言いますが、この還元率が高い返礼品は「コストパフォーマンスが良い」と人気で、特に品切れになりやすいのです。

欲しい返礼品を確実にもらうためには、募集が始まったらすぐに申し込んで寄附してしまいましょう。

 

クレジットカード以外のコンビニ・ペイジー支払いは手続き完了日が寄附の納付日

ふるさと納税の寄附には、ポイントが貯まるクレジットカード払いがおすすめです。

特に、年末に寄附するときは、コンビニ払いやペイジー支払いはやめて、クレジットカードで支払うようにしましょう。

今年のうちにふるさと納税をするには、12月31日までに寄附金が自治体に納付される必要があります。

クレジットカード払いなら、寄附の申込みと同時にクレジットカードで支払うことができ、支払ったその日が納付日として扱われるので安心です。

 

しかしコンビニ支払いとペイジー支払いの場合は注意が必要です。

 

コンビニ支払いの注意点

コンビニ支払いは、寄附を申し込んだ時に発行される受付番号を使って、コンビニのレジで支払う方法です。

レジで支払った日が納付日になると勘違いしがちですが、コンビニから自治体に支払い情報が届いた日が納付日になります。

支払い情報が届くまで時間がかかるため、レジで支払った日の翌日以降が納付日になることもあるのです。

 

ペイジー支払いの注意点

ペイジー支払いは寄附の申込をした後、銀行のインターネットバンキングやATMから支払う方法です。

年末に銀行がお休みに入ってしまうと、手続きをしても自治体への着金が年始になります。

寄附の申込を年内にしていても、納付が翌年になると翌年分のふるさと納税になってしまうんです。

もし年末に寄附をすることになったら、支払い方法は必ずクレジットカードを選ぶようにしましょう。

 

ワンストップ特例制度の申込期限(翌年1月10日)に間に合わない可能性

ワンストップ特例制度は、ふるさと納税後にわざわざ確定申告をしなくても、税金の控除を受けることができる便利な制度です。

サラリーマンや公務員で、一年間に寄附した自治体が5つ以下の人はワンストップ特例制度が使えるので、当てはまる人はぜひ利用してください。

 

しかしこのワンストップ特例制度も、年末に慌てて寄附すると使えないことがあります。

ワンストップ特例制度を利用するには、寄附先の自治体から送られてくる申請書に記入して返送する必要があります。

この返送期限が1月10日必着と、かなり早く設定されているんです。

 

年末は寄附が混み合うので自治体から申請書がすぐ届くとは限りません。

届いてから急いで記入して返送しても、年末年始は郵便も混み合うので、1月10日までに届くか心配です。

 

もし1月10日までに届かなかった場合、ワンストップ特例制度は使えなくなってしまい、わざわざ書類を揃えて確定申告をしなければいけなくなります。

ワンストップ特例制度の締め切りにしっかり間に合わせるために、余裕を持って早めに寄附しておきましょう。

 

返礼品が一挙に届いて保管できない

年末になんとか駆け込み寄附をして、ワンストップ特例制度の申請も間に合ったとホッとしても、次に大変なのが大量に届く返礼品の置き場所です。

まとめて寄附をすると、返礼品もまとめて届きます。

ふるさと納税の返礼品は量が多いので、まとめて届くと置き場所がなく困ってしまいます。

例えば、年収500万円の独身の人は、61,000円が寄附額の上限になっています。

この金額(61,000円)をまとめて寄附すると、

牛肉1キロ
地鶏6キロ
明太子12パック
お米15キロ
りんご10キロ
玉ねぎ10キロ

と、大量の返礼品が届くんです。

これだけ大量に届くと、冷蔵庫に入りきらなかったり、一人で食べきれず腐らせてしまったりしそうです。

せっかく寄附したのに返礼品を無駄にしてしまってはもったいないですし、何より生産者の方がせっかく作ってくれたのに申し訳ないですよね。

 

ふるさと納税を賢く楽しむポイント

使い切れる分だけ注文する
細かく何度かに分けて注文する
年末にまとめて注文しない

以上の3点を意識して、いただいた返礼品を大切に使い切りましょう。

 

一部の自治体申込の受付が年末より早く終了する

ふるさと納税の寄附額の計算期間は、1月1日〜12月31日までです。

年内の寄附として間に合わせるには、

寄附の申込み
寄附金の納付

の両方を、12月31日までに終わらせる必要があります。

 

「まだ12月31日まで時間があるので大丈夫」
「12月下旬になったら寄附しよう」

と思っている人は要注意です。

年末は寄附が集中して混乱するため、申込期限を12月31日より前に独自で設定している自治体も多いのです。

12月上旬〜中旬で締め切ってしまう自治体もあります。

12月31日までまだ時間があると安心して、いざ年末に寄附しようとすると、すでに自治体ごとの申し込み締め切りを過ぎていた、ということもあります。

自治体ごとの申込み締切日は、ふるさと納税専門サイトの自治体ページに記載されているので、事前によく確認しておきましょう。

寄附の申し込みに間に合ったら、あとはしっかり寄附金を納付するだけです。

コンビニ支払いやペイジー支払いは、支払いから納付まで時間がかかることがあります。

寄附の申し込みと同時にクレジットカードで支払えばすぐに納付されますので、確実に年末までに間に合わせるように、クレジットカード決済を選びましょう。

 

まとめ

この記事では、なるべく早くふるさと納税をすることのメリットをご説明してきました。

ココがポイント

11月12月は寄附が混み合い、返礼品が品薄になる
寄附金の支払いは即日納付できるクレジットカードを使おう
コンビニ支払いやペイジー支払いは支払いから納付まで時間がかかるため避けよう
ワンストップ特例制度の締め切りは1月10日
1月10日に間に合わないと確定申告が必要になる
まとめて寄附するとまとめて返礼品が届き置き場所に困る
12月上旬〜中旬で募集を締め切ってしまう自治体もある

「まだ年末まで時間があるから大丈夫」と思ってのんびりしていた人は、今すぐ返礼品選びを始めましょう。

欲しかった返礼品が手に入り、税金控除の手続きも落ち着いてできる、早めのふるさと納税がおすすめです。

人気のふるさと納税

さとふる

おすすめポイント

  • 肉、米、魚等の特産品が貰える
  • 税金の使い道を指定できる制度
  • ふるさと納税の寄付金が所得控除に
  • ワンストップ特例制度で確定申告が不要
  • 応援したい自治体に寄付できる

人気な特産品はすぐに売り切れになるため、狙っている特産品はこまめにチェックしましょう。
なおさとふるはYahoo!JAPAN IDでログインができるため会員登録不要で簡単ですよ。

-ふるさと納税個人

Copyright© スマート家事術。 , 2018 All Rights Reserved.