ハロウィン

「トリック・オア・トリート!」ハロウィンは10月31日だけど何で?

投稿日:

秋になるとメディアで取り上げられることの多い「ハロウィン」。最近は、幼稚園や保育園等でも行事の一つとして楽しむ事があります。

ハロウィンといえば仮装をしたり、お菓子を食べたりと大人も童心にかえって楽しめるイベントですが、その由来まで知っている方は少ないのではないでしょうか?

お菓子をもらう時に子供が言う言葉は「トリック・オア・トリート」ですが、大人は子供から「トリック・オア・トリート」と言われたら何と言えばよいでしょうか。

ハロウィンの由来

ハロウィンの起源は2,000年以上も前にさかのぼります。ヨーロッパの先住民「ケルト民族」の宗教の一つにあった「ドゥルイド教」の儀式が元になっているという説があるんです。

ハロウィンといえば「アメリカのお祭り」のイメージが強いかも知れませんが、実はヨーロッパが発祥だったんですね。

昔のハロウィンの儀式

ケルト民族では、秋の収穫を祝い、悪霊等を追い出す宗教行事としてハロウィンが行われていました。古代ケルトでは1年の終わりの日に死者の霊が家族に会いに来るといわれていました。日本のお盆のようなイメージですね。

ただ、日本のお盆と違うのは、家畜や作物に悪い影響を与えたり、子供をさらったりする悪霊や精霊も一緒に来てしまうと信じられていたのです。

そこで悪霊たちを驚かせて追い払うために、仮面をかぶったり、魔除けの焚き火をしたりしたと言われています。それが、今の仮装する習慣につながっているのです。

ハロウィンはいつ?

ハロウィンは、毎年10月31日です。というのも、ケルト民族はカトリック教の民族に侵略されてしまい、その時にケルト民族が行っていた宗教行事の一部を変えてカトリックの宗教行事に取り入れたのです。

カトリックでは11月1日を聖者の日と定めていたため、前夜である10月31日にケルト民族の宗教行事を行う事に定めました。

この行事を「聖者」を意味する「Hallow」から派生して「Halloween」と言われるようになりました。

ハロウィンが日本に定着したのはいつ頃

「自分が子供の頃はハロウィンなんてなかった」という方も多いのではないでしょうか。日本にハロウィンが定着したきっかけはいくつかあるようですが、その1つが約20年前から始まったディズニーランドのイベントだと言われています。

東京ディズニーランドでは、1997年からハロウィンイベントを開催しています。当初は10月31日限定で開催されていましたが、その人気が評判となり最近では2ヶ月間もハロウィンイベントを開催しているのです。

東京ディズニーランドはハロウィンイベント中に普段はNGなコスプレでの入場ができたり、限定グッズが販売される事もあり、あっという間の定着したのではないでしょうか。

他にも、コスプレ衣装が手に入りやすくなった事や、フォトジェニックなイベントを楽しみたい方が増えた事も定着化の理由とされています。

アメリカのハロウィンの準備は1ヶ月前

宗教的な意味合いがなくなった現在、ハロウィンはアメリカの定番イベントとして広く知られるようになっています。本場・アメリカのハロウィンは1ヶ月前から家の中のデコレーションや仮装衣装、お菓子の準備等が始まり気合十分です。

ジャック・オー・ランタンは、かぼちゃで作られていなかった

ハロウィンのシンボル、かぼちゃの提灯「ジャック・オー・ランタン」を手作りするご家庭も多いようです。

もともとはカブを怖い顔にくりぬいて魔除けにする「お守り」だったのですが、アメリカでかぼちゃが多く収穫されるようになり、身近なかぼちゃでジャック・オー・ランタンを作るようになったと言われています。

日本でも、ハロウィンシーズンはジャック・オー・ランタンを街中で多く目にします。

トリック・オア・トリート

ハロウィンは子供にとっては、お菓子を貰えるチャンスです。お菓子を貰う時にトリック・オア・トリートとよく口にしますが、トリック・オア・トリートってどんな意味があると思いますか?

トリック・オア・トリートを英語にすると「Trick or Treat」です。日本語にするのが難しいのですが「お菓子をくれなきゃイタズラするぞ」という可愛らしいニュアンスで使われています。

子供がトリック・オア・トリートと言う姿はほほえましいです。そんな姿をみたらお菓子をあげたくなってしまいますね。

ハロウィンでお菓子を配るのは、もともとは魔除けの目的で行われていたそうです。外を徘徊している霊たちが家の中に入ってしまわないように、お菓子を渡して元の世界へ戻ってもらうために配っていると言われています。

返事の仕方がわからない

子供にトリック・オア・トリートと言われたら何と言って返事しますか?ハロウィン世代ではないパパやママにとって「トリック・オア・トリート!」と言われた時に何て返事をしたら良いのか困ってしまう...という方も多いのではないでしょうか?

ハッピーハロウィン

そんな時は「ハッピーハロウィン!」と答えるのがアメリカ流です。「ハロウィンを楽しんでね!」という意味なので、ぜひ使ってみてください。

まとめ

「ハロウィン=仮装イベント」と思われがちですが、実は2,000年も前から続く伝統的な行事です。当時とは目的や形が変わっていますが、現在では各地でイベントもあり大人気なイベントの一つとなっています。

ハロウィンは子供だけでなく、大人も楽しむ事ができます。親子、家族で仮装や家をデコレーションしてハロウィンを楽しみましょう。

あや
10月31日はハロウィンだね。今から準備をして楽しまなくちゃ。

イベントと言えば私だね。ハロウィンは仮装したり、家のデコレーションをしたりして楽しむわ。
しおり

ハッピーハロウィン🎃
しおり

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でSINESSをフォローしよう!

アドセンス

アドセンス

-ハロウィン
-,

Copyright© スマート家事術。 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.