遊び

GW(ゴールデンウィーク)は子供とバーベキューピクニックに決定!

投稿日:2017年4月5日 更新日:

GWの予定は決まりましたか?大型連休のGWはお出かけに最適な時です。普段の休日は買い物や用事でつぶれてしまう事が多く、なかなか遠くまで出かけたり、レジャーを楽しむ事ができません。そんな家庭も、GWには外へ出て普段の週末にはできない事をしたいのではないでしょうか。そうはいっても、長期の旅行に出かけるのは事前の準備が必要だったり、前もって予約していなければならなかったり、当然お金もかかります。子供が小さいと体調が読めないという不安もあり、気軽に旅行に行く事もできません。だからといって「GWにどこにも遊びにいかないのはちょっと....」と悩んでいませんか。

GWはお気楽アウトドア「バーベキューピクニック」

小さな子供がいて予定がたてられない家庭や、旅行等の予約がとれなかった家庭は、当日の天気や、家族の体調を見ながら思い立ったらすぐできるお気楽なアウトドア、ピクニックなら誰でも気軽に楽しめます。子供は外で遊ぶのが大好きです。パパやママは子供の笑顔が大好きです。普段は仕事疲れを癒やして終わってしまう休日も、GWなら大人も太陽の下で元気に体を動かす事ができます。そしてGWのピクニックはお弁当を持って出かけるだけではなく、バーベキューを楽しむ「バーベキューピクニック」がおすすめです。

バーベキューができる公園を探そう

バーベキューピクニックをしようと思ったら、まずは場所選びが必要です。どこでもバーベキューが出来るわけではないので、近くでバーベキューをしても良いエリアのある公園がないか探してみましょう。公園ならトイレや水場があり安心です。特にトイレは重要です。小さな子供がいる場合は、子供のオムツが交換できるスペースを事前に探しておきましょう。

また、バーベキューが終わってからは遊具で遊んだり、芝生で寝転んだり、ボール遊べるので、広い公園で子供と思いっきり遊ぶ事ができます。バーベキュー可能な公園は、使用後の炭等を捨てても良い場合があり、後片付けも楽にできます。後片付けが楽な事はママにとっても嬉しい事です。せっかくのバーベキューですので、子供も含めて家族全員で後片付けをしてみるのもいいかもしれません。

バーベキューエリアの使用にあたっては、当日受付が可能か、事前予約制か利用方法を確認しておきましょう。また、有料なのか無料で使用できるのかも公園によって様々です。コンロなどの器具は貸し出しがあるのか、持ち込みができるのか、他には何が必要か事前にチェックしておくと当日に困る事は少なくなります。

バーベキュー禁止の公園や、禁止エリアでのバーベキューはマナー違反ですので絶対にやめましょう。また、芝生等を炭で傷めないよう気をつけましょう。公園は沢山の人が利用します。次に利用する人の事も考えて、綺麗にしましょう。

最低限の持ち物でバーベキュー

バーベキューは、道具を全部揃えて持っていくとか、なりの量になってしまいます。荷物は最低限のものにし、身軽に出かける事がコツです。

公園で借りられるものは借りてしまう事も身軽に出かける手段のひとつですし、小さなコンロを一つ持っているとフットワークが軽くなりお出かけしやすくなります。

バーベキューピクニックに出かけるときは、以下の物を持参する事をおすすめします。

・コンロ
・レジャーシート
・ワンタッチテント
・折りたたみ椅子
・食材
・紙皿
・ウエットティッシュ

全部合わせても大人二人で一度に持ち歩ける量です。食材は、すぐに焼けるように野菜等は簡単に切ってジップ付き袋に入れて持って行きまましょう。コンロも折りたたんでコンパクトになるものならばより身軽になります。私はコールマンのコンロを愛用していますが、持ち運びや炭の片付けも楽なので助かっています。

ワンタッチテント等、日陰を作れるものとレジャーシートがあれば、そこで食べる事も、寝転んで休む事もできます。芝生等、柔らかい地面の上なら赤ちゃんも一緒に休めるので安心です。

広い会場で大きな機材を持ちこむような本格的なものでなくてもバーベキューは楽しめます。小さな荷物で済めば場所取り等をしなくても十分間に合いますし、外で食べるという事だけでおいしさと楽しさは倍増です。

バーベキューは子供の成長に

ママと子供達で、公園や広場で遊んでいる間に、パパが火起こしして準備をしておくと、あっという間に食材を焼いて食べる事ができます。子供が大きくなってきたら、パパと一緒に子供に火起こしを任せてみてもいいでしょう。

オール電化住宅が増え、IHコンロの家庭が増えてきています。室内で火を使わない事は火事のリスクが減り安全ですが、火の力や怖さを知らないままでいる事は子どもにとって、ある意味危険ともいえます。バーベキューは、火についての理解を深めるとても良い機会です。火力を強くするにはどうしたらいいか、自然に学ぶ事ができます。自分の力で炭に火を起こせたら大きな自信にもなります。

また、バーベキューで火起こしをスマートにできるパパ・ママは格好いい姿を子どもに見せる事ができます。そして、子どもは火の熱さ、怖さ、大切さを肌で感じてくれる事でしょう。アウトドアは子どもの生きる力を伸ばす絶好の機会です。

まとめ

バーベキューを楽しんだあとは、また子供達と遊んだり、木陰やレジャーシートの上でのんびり過ごしたりしてもできます。外の空気を吸いながらゆっくりできるのもピクニックの良いところです。赤ちゃんやペットが一緒でも楽しめます。

また、バーベキューピクニックの魅力の一つに、ママはお弁当をつくらなくて良いという事もあります。「ピクニックにお弁当を持っていこう」と思うと、ママは朝からお弁当作りをしなければなりません。でも、バーベキューピクニックなら材料を軽く切っておくだけですみます。おにぎりだけ持って行けば、あとは現地で食材を焼いて食べられるので、お家での準備がとても楽いなります。

思い立った時、気軽にできるのが「バーベキューピクニック」の魅力です。事前準備や荷物、時間の過ごし方もユルくてOK。それぞれの家族の一番の方法を見つけましょう。

GWには、「のんびり」と「アウトドア」のいいとこ取りで楽しんでみませんか。

 

しおり
小さな子供がいたりするとGW楽しめないと思っていたけど、バーベキューピクニックなら子供の体調をみながら楽しめそうね。
バーベキューやアウトドアは普段体験できない事ばかりだから、子供は楽しめるだけでなく、成長と自信にもなるね。
あや
しおり
今回はバーベキューだからカレーはないよ。
まだなにも言っていないのに......。
ひーちゃー

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でSINESSをフォローしよう!

アドセンス

アドセンス

-遊び
-,

Copyright© スマート家事術。 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.