0歳~1歳

生後12ヶ月(1歳)の赤ちゃんの身長、体重。食事とおやつの関係

投稿日:2017年9月24日 更新日:

いよいよ赤ちゃんも1歳を迎えます。生まれたときより身長は約1.5倍、体重は約3倍となっており、産まれた頃を思うとどれだけ成長したのか感慨深く感じるパパやママも多くいるでしょう。

誕生日には「餅踏み(踏み餅)」「一升餅(一生餅)」「背負餅(しょいもち・せおいもち)」「立ち餅・立ったら餅」「転ばせ餅・転ばし餅・転び餅」等の餅をメインにした行事や、「選び取り(将来占い)」といった日本古来の文化を取り入れて、家族みんなで楽しみながらお祝いしてあげるのも良いですね。

生後12ヶ月(1歳)の身長と体重

・男児:身長69.4cm~78.5cm 体重7.51kg~10.82kg
・女児:身長67.4cm~76.7cm 体重7.02kg~10.27kg

生後12ヶ月頃は発達に個人差が目立ち始める時期です。

成長の早い赤ちゃんはもう1人で歩き出していたり、「バイバイ」「ちょうだい」といった意味のある単語を話す事ができるようになっている事もあります。

感情もより豊かに表現できるようになっているので、自己主張はさらにしっかりとできるようになっている赤ちゃんも多くなります。

Sponsored Link

生後12ヶ月(1歳)の赤ちゃんは行動がさらに活発になる

生後12ヶ月になると運動機能が発達し、より活発に動く事ができるようになります。伝え歩きも何往復もできるようになり、成長が早い赤ちゃんだと「ひとり歩き」をする赤ちゃんもいます。

興味のあるところに自分の足で行けるのだから、赤ちゃんも大喜びであちこち動くため、追いかけるパパとママは大変になります。ですが赤ちゃんの自信と好奇心を育てるためにも、危ないところ以外は赤ちゃんの好きなように行かせてあげましょう。

コミュニケーションをとる事が赤ちゃんの成長になる

生後12ヶ月になると、より言葉の理解ができるようになってきて、「バイバイ」「いただきます」「ごちそうさま」等状況に応じて、赤ちゃん本人が自分で判断して使う事も見られるようになってきます。

赤ちゃんが自分でやっているのを目にしたら「すごいね!」と沢山褒めてあげると、赤ちゃんも喜んで次も使い分けてくれるようになります。

また「パパ」「ママ」といった日常的に使う単語であれば、きちんと理解できるようになっているため、以前よりも間違える事が少なくなります。さらに赤ちゃんとのコミュニケーションをとる時間を増やして、積極的に話しかけをしていくと効果的です。

絵本の読み聞かせをする事で赤ちゃんの語彙力が増えると言われているので、赤ちゃんの月齢に合った絵本を寝る前に読んであげる事が習慣化すると発達を促します。

赤ちゃんの主張に協力的に

「自分の気持ちを伝えたい」という赤ちゃんの意思も育ち始める時期になるため、気になるものがあればしっかりと指さしをしたり、「あっ!」と声をあげて主張する事が増えてきます。

特に抱っこをしている時には「あれが気になる!連れていって!」といわんばかりに、何度も色々な方向を指さししてくる事があります。

連れていくパパやママは大変ですが、時間に余裕があれば赤ちゃんの好奇心を満足させるためにも連れていってあげましょう。

Sponsored Link

生後12ヶ月(1歳)の食事

生後12ヶ月になると大人と同じように1日3回の離乳食だけで、ほぼ必要な栄養が確保できるようになってきます。足りない分はおやつとして、果物や乳製品を食べさせてあげるようにします。

「おやつだから」といって大人が食べるのと同じように甘いものを食べさせると、虫歯になったり栄養過多で将来肥満児になる事に繋がる場合もあります。この時期のおやつはあくまで「3回の食事で取れなかった栄養を補給するもの」と考えるようにしましょう。

また離乳食後期から完了食に移行する時期にもなります。

大人と同じものが食べられるようになりますがまだまだ腎機能が未発達のため、塩分が強いと身体の負担になって赤ちゃんが体調を崩してしまいます。味付けは今まで通り、薄いままで食べさせてあげしょう。

歯もまだ生えそろっていないので、小さめに切ってあげると赤ちゃんも食べやすくなります。

生後12ヶ月(1歳)の赤ちゃんの授乳

ミルクは1日2回で400mlを目安に、母乳は赤ちゃんの欲しがるままに飲ませてあげます。離乳食がしっかりと食べられるようになり、必要な栄養が確保されれば赤ちゃんも自然と卒乳に向かいます。

ママの身体が負担でなければ、赤ちゃんが欲しがらなくなるまでミルクを飲ませてあげましょう。

また以前は「1歳になったら卒乳・断乳をしないと母乳の質が落ちて、赤ちゃんに良くない」と言われていましたが、現在は「いつまでに卒乳させなければならない」と決まっておらず、むしろ赤ちゃんの情緒安定には良いと言われています。

慌てずに赤ちゃんのペースに合わせて、卒乳・断乳を考えていきましょう。

予防接種を忘れずに

意外と忘れがちですが、生後12ヶ月を過ぎると、追加で受ける事ができる予防接種があります。

10ヶ月健診へ行ったときや、赤ちゃんが病気で小児科を受診した時に受付の方から声をかけてもらえる場合もありますが、予防接種のスケジュールは早めにチェックしておきましょう。市町村が決めている無料で予防接種を受けられる期間が過ぎてしまうと、有料で受ける必要性が出てきます。

種類によっては一緒に予防接種を受ける事ができないものもあるので、早めに医師と相談して取り決めておくと安心です。

まとめ

育休を1年取っていたママは、赤ちゃんが誕生日を迎える2日前から職場復帰となります。赤ちゃんにとってもママにとっても、また新しい生活環境で時間を過ごす事になります。

ママは仕事と育児・家事で今まで以上に大変になりますが、パパや実家が近所の場合は無理をせず、無理なときは助けてもらいましょう。

また赤ちゃんは慣れない保育園生活での疲れやストレス、集団生活から色々な病気をもらってくる事が増えます。

復帰したてのママにとっては「また休まないといけない・・・」と思いますが、まず何よりも赤ちゃんが健康に過ごせるのが1番大切です。後ろめたい気持ちがあるかもしれませんが、「何が大切か」を選んで必要であれば仕事を休みましょう。

復帰後しばらくは、赤ちゃんも沢山病気をもらってきますが「今、身体が丈夫に育っているところ」と思うようにすると、ママにとっても精神的に楽になりますよ。

この1年は毎日が大変で怒涛のように過ぎていましたが、同じように赤ちゃんにとって成長も著しい時期でした。1歳を過ぎてからは今度は運動機能や精神面の発達が見られるようになり、子育てがさらに楽しくなる時期です。

赤ちゃんの成長を楽しみながら、パパとママも一緒に成長していきましょう。

しおり
この間産まれたと思っていたらもうすぐ1歳だよ。

早いね。パパママになってもうすぐ1年だよ。
あや

しおり
色々あったけどこの1年間あっという間だったし沢山思い出ができたよ。

生後11ヶ月の赤ちゃんの成長。食事や離乳食が増えミルクはフォローアップミルク

生後11ヶ月にもなると、自分のやりたい事を伝えようとするため、自己主張が強くなってくる時期です。 周囲への興味が生後10 ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でSINESSをフォローしよう!

アドセンス

Sponsored Link

アドセンス

Sponsored Link
  • この記事を書いた人
hide

hide

税理士を目指して勉強中の30代、2児のパパ。子供の寝顔に癒される。 サイト名が「スマート家事術。」なのに、税金のコンテンツが一番多い事に違和感を覚えつつも更新を続ける。 【取得資格】税理士試験簿記論、貸金業取扱主任者、BATIC(Accoutant Level)等

人気記事

1

ふるさと納税って何?特産品が貰えてお得なんでしょ。 こんな会話が行われそうですが、ふるさと納税って実は平成20年から始ま ...

2

以前に比べ働き方がかわり、共働き世帯が増加しています。共働きをされている人の中には、扶養の範囲内で働こうとしている人たち ...

3

ふるさと納税をする人が年々増加しています。 全国的にふるさと納税の受入額、受入件数が増加しており、前年の倍以上となってい ...

4

ふるさと納税をする時に重要となってくるのが、ふるさと納税の限度額です。 ふるさと納税の限度額は重要ですが、自分で計算しよ ...

5

給与所得の源泉徴収票で限度額のシミュレーションをしてみましょう。 ふるさと納税のシミュレーションは沢山のサイトでできます ...

6

政府が「働き方改革」として正社員の副業や兼業を後押しする動きがでており、共働き夫婦が、1000万世帯を超えさらに増加して ...

7

首都直下地震や南海トラフ地震が起きる可能性が高くなっていると言われている中で、すぐにでもしておきたいのが、防災グッズの準 ...

8

ふるさと納税は寄付をしただけで税金の控除や還付が自動的に行われるわけではありません。 しかし、ふるさと納税をしても確定申 ...

9

ロート製薬、サイボウズ等、社員の副業を解禁する大手企業が増えています。中でもエンファクトリーは「副業禁止」とは逆に「専業 ...

10

「セルフメディケーション」という言葉を聞いたことがありますか?税制改正により、平成29年1月からスタートした医療費控除の ...

-0歳~1歳
-, ,

Copyright© スマート家事術。 , 2017 All Rights Reserved.