住民税

住民税は申告不要を選択。配当所得を有利に申告する方法

税制改正が行われると税金の計算方法がかわり、知っていると知らないのでは大きく違いがでてきます。 平成29年度の税制改正で個人的に注目をし、多くの人に影響を及ぼすと考えられるのが、配偶者控除・配偶者特別控除の改正、セルフメディケーション税制です。この2つは話題となっており、すでに知っている方も多いかもしれませんが、実はもう1つ気になる税制改正があります。 税制改正といえば国税に注目をしてしまいがちですが、今回私が注目をしているのが個人住民税です。改正とは違うのですが、この事を知っていると知らないのでは税金だ ...

続きを読む

ふるさと納税個人

限度額から確定申告まで。ふるさと納税のわかりやすい説明書

ふるさと納税って何?特産品が貰えてお得なんでしょ。 こんな会話が行われそうですが、ふるさと納税って実は平成20年から始まっていたって知っていますか?平成26年頃から話題となったふるさと納税ですが、時間が経過するにつれて「知っている事が当然」となってしまい、知らなくても知っているふりをしてしまう事ってあります。 そこで今更聞きにくいふるさと納税についてまとめてみました。 ふるさと納税とは ふるさと納税とは、自治体への寄付の事です。納税という言葉がついていますが実際には寄付です。 さらには、ふるさととなってい ...

続きを読む

ふるさと納税個人

シミュレーションのやり方。源泉徴収票でふるさと納税の限度額を知る方法

給与所得の源泉徴収票で限度額のシミュレーションをしてみましょう。 ふるさと納税のシミュレーションは沢山のサイトでできます。詳しくシミュレーションをしたい人はそちらのサイトをご利用して下さい。でも、「この記事は意味がない」と思って戻る・閉じるをクリックするのは待って下さい。 今回ご紹介するのは、ふるさと納税の限度額を知りたいが、 サイトを利用してまで知りたくない シミュレーションサイトに全項目入力するのが大変 源泉徴収票だけで簡単にシミュレーションをしたい シミュレーションがあっているか自分で確認したい 人 ...

続きを読む

住民税

20万円以下の副業を申告しなくて損するケース。所得0円でも住民税の申告は必要か

近年副業をする人が増えています。副業をすると収入が増えます。サラリーマンで今まで給料収入のみだった人が副業で収入が増えた場合税金はどうなるでしょうか。 税金といえば確定申告ですが、確定申告をす必要があるのでしょうか?ネットで「副業 確定申告」等で検索した場合20万円以下であれば申告は不要という情報が多いですが、現実はそうではありません。 副業の申告について確認しましょう。 「20万円以下の場合は申告が不要」は本当か? 20万円以下の場合に申告が不要なのは所得税の確定申告であり、住民税は申告が必要になります ...

続きを読む

確定申告・年末調整

配偶者控除、配偶者特別控除の改正!年収制限が150万円に拡大された影響

以前に比べ働き方がかわり、共働き世帯が増加しています。共働きをされている人の中には、扶養の範囲内で働こうとしている人たちが多いです。 一時は配偶者控除の廃止が議論されていましたが、改正で配偶者控除は縮小、配偶者特別控除は配偶者控除と同じ最高38万円の所得控除を受けられる年間の給与収入が103万円超から150万円以下に引き上げられました。 これだけだと最高38万円の所得控除が適用される所得が引き上げられてよかったと感じますが、実際にはそうではありません。所得の金額によって配偶者控除の額が縮小されます。 実際 ...

続きを読む

0歳~1歳

生後10ヶ月の赤ちゃんの授乳と食事。歯磨きを忘れずに

更新日:

生後10ヶ月になると行動範囲がさらに広くなる事で運動量が多くなり、今までの赤ちゃんらしいふっくらとした体型から、少しずつ引き締まった幼児体型に変わっていく時期になります。

つかまり立ちや伝え歩きを始めたり、早い赤ちゃんだとしゃべり出す場合もあります。まだハッキリとはお話しできなくても「ママ」「パパ」といった単語を理解して、喃語でお話してくれます。

生後10ヶ月頃になると「10ヶ月健診」を受ける事ができるようになる時期です。大体の自治体は1歳未満までの受診を無料で受け付けている場合が多いので、忘れないうちに受診するようにしましょう。

また医療機関によっては健診してくれる日が決まっている場合があるので、早めに予約を入れる事をおすすめします。

生後10ヶ月の身長と体重

・男児:身長67.4cm~76.2cm 体重7.16kg~10.37kg
・女児:身長65.5cm~74.5cm 体重6.71kg~  9.85kg

赤ちゃんの表現方法は様々

この時期の赤ちゃんは、様々な事をママやパパに訴えかけるようになってきます。

今までは赤ちゃんにとって不快な事やしてほしい事を泣いて訴えていましたが、生後10ヶ月を過ぎると嬉しい事や楽しい事を感情表現で伝えてくれるようになります。

例えば、ボール遊びをしていて上手に投げられると、ママやパパの顔を見てニッコリと嬉しそうに笑います。遊んでいるオモチャを取り上げると、口をへの字に曲げて「ん~!」と声をあげて怒り出します。

表情が豊かになってきて、赤ちゃんが何を訴えようとしているのか、何に興味を持っているのか読み取りやすくなるので、一緒に遊ぶ場合も赤ちゃんが好きな事をしてあげられるようになります。

パパやママの口の動きをよく見て、赤ちゃんも同じ言葉を話そうと真似をするようになります。そのため一気に赤ちゃんが話そうという意思がハッキリと見る事ができます。

まだまだ言葉としては発する事はできませんが、パパやママは赤ちゃんが何を言おうとしているのか読み取る事が可能になってきます。

今まで以上に赤ちゃんは周りから色々な単語を覚え、真似をしていくので、赤ちゃんにしてほしくない言葉遣いや覚えてほしくない単語は普段から使わないように心がけましょう。

生後10ヶ月の生活

生後10ヶ月にもなると生活リズムはほぼ固定されてきます。

パパやママが朝仕事で起きるのが早い場合、赤ちゃんも一緒に起きて遊びだす...なんて事もよくあります。親心としては、もっと寝ていてほしいと思いますけれどね。

睡眠時間は1日13時間前後が理想的といわれています。昼寝も以前は午前中と午後にそれぞれ1時間から2時間程度あったのが、この頃にはどちらか1回に減り、その分夜にまとめてしっかりと寝てくれるようになります。

夜しっかりと寝てもらうためには、日中は活動的に遊んでもらう事が大切です。身体が大きくなっていて体力も余ってくるので、沢山ハイハイさせたりつかまり立ちをさせたりして、よく身体を動かしてあげましょう。

家の中で物足りなさそうなときは、子育て支援センターや児童館、保育園の園庭開放を利用する方法もあります。

夜泣きをしないでぐっすり眠れるためには

活動的に動く分、赤ちゃんにとって刺激が多くなるため、夜泣きの回数が多くなる場合があります。赤ちゃんが安心して眠れるようにパパやママの声を聞かせてあげたり、子守唄を歌ってあげる等をしてあげましょう。

寝る前に疲れさせようとして激しい動きをすると、逆効果になります。部屋の中を暗くして、赤ちゃんがぐっすりと眠れるようにしてあげましょう。

生後10ヶ月の授乳・食事

生後10ヶ月になると3回食に慣れてきて、また手づかみでご飯を食べたがるようになってきます。

この頃には「何が食べられるか」を理解してきているので、以前のようにお皿ごと持って引っくり返すという事が少なくなってきます。「それなら床やテーブルが汚される心配も減る♪」なんて思うかもしれませんが、それはまだまだ先の話です。

この時期は「手でご飯を触るのが楽しくて仕方がない時期」なので、両手でご飯につかみかかってきます。そして、その手でテーブルや自分の顔を触りまくるので、逆に大変になったり...。「親の心、子知らず」とはこの事かと言わんばかりに、ものすごく良い笑顔を向けてくれます。

歯も5本・6本目と生え始めるので、多少大きくても自分で噛み切って調整する事ができるようになります。さつま芋やかぼちゃ、ニンジン等をスティック状に切って柔らかく茹でて、赤ちゃんが食べる練習が出来るように工夫してあげましょう。

食事量も増えるので、おのずとミルクの量は減っていきます。無理に飲ませず、赤ちゃんが口を離したらそれでおしまいにしましょう。

母乳育児でも早い子だと卒乳をする場合もあるので、ちょっと寂しいですが心構えを始めていってもいいかもしれません。卒乳した場合は体重が減っていっていないか、しばらくは定期的に体重測定をして食事量が足りていないか確認していきましょう。

赤ちゃんが虫歯にならないために歯磨きの練習

かわいらしい歯もしっかり生え始めますが、注意しないといけないのが虫歯です。赤ちゃんの歯は柔らかく、虫歯になりやすいので毎日のケアが必要になります。

離乳食が終わったら歯磨きを行い、口の中が清潔に保てるようにしましょう。歯磨きを嫌がって口を開けない場合は、白湯やお茶を飲ませて口の中に食べ物の残りカスが無いようにさせましょう。

最初は嫌がるかもしれませんが、濡らしたガーゼで歯を拭く練習をしていくと徐々に口の中に異物が入る事に慣れていきます。パパやママも噛まれて指が痛いかもしれませんが、今のうちに練習を始めていきましょう。

50view
防災グッズに追加したいもの!歯磨きの重要性は高い

防災グッズといえば、非常食・水・懐中電灯等を思い浮かべますが、それ以外に重要な防災グッズがあります。なんだと思いますか?ラジオ、貴重品、衣類ももちろん重要です。普段の生活で毎日、朝・昼・夜にしている道 ...

まとめ

産まれたばかりはほとんど動く事ができなかった赤ちゃんが、自分で動いて、立つ事ができるようになるのはとても感慨深く、成長に驚かされますよね。

生後10ヶ月はそういった意味では、赤ちゃんらしくいる最後の時期かもしれません。毎日の成長を見守りながら、今の赤ちゃんにしてあげられる事を積極的にしていってあげましょう。

また少し早いと感じるかもしれませんが、1歳の誕生日の準備もそろそろ始めていくと良い時期です。直前になると慌ただしく、「ゆっくりと取り組む時間がなかなか取れない」というパパやママも沢山います。この時期からアルバムを作り始めるだけでも、余裕をもって準備していけますよ。

赤ちゃんの寝顔って可愛いね。
しおり

わかる!!子守唄を歌って寝かせてるけど、寝る瞬間がたまらないね。
あや

!!生活リズムが落ち着いてきて成長を感じるね。
しおり

134view
生後9ヶ月の赤ちゃんの身長と体重の目安。後追いが本格化

生後9ヶ月になると後追いが始まったり、好奇心が旺盛になり色々なものを触ろうとします。色々なものに触れる事はいいのですが、中には赤ちゃんが触ると危険なものもあります。そういったものは対策が必要です。 日 ...

879view
生後11ヶ月の赤ちゃんの成長。食事や離乳食が増えミルクはフォローアップミルク

生後11ヶ月にもなると、自分のやりたい事を伝えようとするため、自己主張が強くなってくる時期です。 周囲への興味が生後10ヶ月の頃と比べるとさらに強くなっており、コミュニケーションを取ろうと身振り手振り ...

人気のふるさと納税

さとふる

おすすめポイント

  • 肉、米、魚等の特産品が貰える
  • 税金の使い道を指定できる制度
  • ふるさと納税の寄付金が所得控除に
  • ワンストップ特例制度で確定申告が不要
  • 応援したい自治体に寄付できる

人気な特産品はすぐに売り切れになるため、狙っている特産品はこまめにチェックしましょう。
なおさとふるはYahoo!JAPAN IDでログインができるため会員登録不要で簡単ですよ。

-0歳~1歳
-,

Copyright© スマート家事術。 , 2018 All Rights Reserved.